スカートをはいたらえらいことに

私は普段はパンツをはいています。スカートをはく事は年に数えるくらいしかありあません。自分で持っているスカートも二本ぐらいで、本当にはく機会と言うものがありありません。そんな私に母が自分のスカートをくれました。大き過ぎるからとのこと。母はよくスカートをはいています。「たまにはスカートもはかなくてはダメだよ」との言葉つきで頂きました。私がスカートをはかない理由としてはすね毛が濃すぎるということもあります。剃ると、膚が弱いため真っ赤になりかゆくてい仕方が無くなるので放置しています。しかし、いただいたスカートをはくために私はタイツを履く事にしました。タイツを履くのも久しぶりです。タイツを履いてスカートをはくとそれなりに見られるようになったので私は出掛けることにしました。家の中でスカートで過ごすと寝転がることにも注意しなくてはならないからです。するとどうでしょう。タイツは腰からずり落ちそうになり、たえずあげなくてはなりません。そして静電気のひどいこと。私はまとわりつくスカートに苦労しながらも、何とか用事を済ませました。家に帰り、スカートをすぐに脱ぎ、これでは私はまたしばらくはスカートをはく事はないのだろうと思いました。脱毛サロン今時女子の人気比較